HOME > Weblog > web > IE7への専用CSS適用方法 覚書

IE7への専用CSS適用方法 覚書

Raid of IE7

日本語版IE7が公開され、アクセスもちらほらと見かける昨今、見てみぬフリをしてられなくなってきたので、遅まきながら予備PCにいれてみました。

CSSの処理に関しては、噂どおり中途半端な内容でガッカリ。
px指定したフォントはまったく大きさが変えられないし、margin、padding周りの処理も駄目なまま。
その上、ご丁寧にIE6のCSSハックは使えなのが困りモノ。

せっかく「IE5.5以前のバージョンはもう良いよね」といった流れになってきたのに、これからまた数年間は「IE6とIE7両方で確認」といった作業が発生すると思うとなんとも複雑な気分になります。

と、いうことでIE7へのCSS適用方法の覚書。

IE7用CSSハック

/* IE7以外のブラウザへ標準指定 */
body {
 font-size: 12px;
}
/* IE7へ指定 */
*+html body {
 font-size: 76%;
}

他にも擬似クラス:langを使う方法もあるらしい。
Lucky bag::blogさんの所に解説が

参考にさせていただいたサイト

IE7のスタイルシートを用意して、作るのも。
下記のように書いておけば、IE7だけに読み込ませるCSSを指定できる。

例)
<!--[if IE 7]>
<link rel="stylesheet" href="/css/ie7.css" type="text/css" media="screen" />
<![endif]-->

ハックだらけで正規表現でも書いてるようなCSSは、見るのも覚えるのも説明するのも大変なので、
そろそろこっちの方がシンプルで良いかなとも思う。

参考にさせていただいたサイト

いっそ、IE6のままブラウザ開発から撤退してくれた方がどれだけみんなが幸せになったことか・・・。機能面でもFirefoxのほうが10倍、Operaのほうが100倍は使いやすいのですよ(個人的測定値)。

BackLast update:06-11-04 | Comment(0) | Track back(0) | Permalink

コメントを投稿

(このweblogでコメントしたことがないときは、表示される前にオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)

Back « サクっとエフェクト Javascript / CSS Crossfader | Top | jQuery Button Contest »