HOME > Weblog > web > Safari3がWindowsに

Safari3がWindowsに

リスペクト仁星

Macintosh専用のブラウザだったSafariの最新版3(の英語ベータ版)がWindows用にも公開されました。

現時点では日本語の表示ができないけど、スタイルシートやらJavaScriptやらの表示・動作確認を、WindowsマシンだけでできるってだけでもWebに携わるデザイナー、プログラマーの皆様方には嬉しい知らせではないでしょうか。

Safari3の新機能としてアピールされてる物で、個人的に良いなと思ったのは、
テキスト検索(Ctrl+F)した時、該当文字以外がブラックアウト(?)して表示する機能。

↓こんな感じで・・・
画面がブラックアウトして、検索文字が目立つ

これは素晴らしいと思う。
他のブラウザも遠慮せず(笑)真似してほしいです。

他にもテキストフィールドのリサイズができたり、タブを切り離して表示させる時にOS Xぽい「にょい~ん」てアニメーションが再現されてたり、結構きちんと作られて、流石!と思いました。


ちなみにWindows用Webkitブラウザとしては先輩なSwiftも、次期バージョン0.3がアナウンスされてるので、こちらにも引き続きちょっと期待。

BackLast update:07-06-12 | Comment(0) | Track back(0) | Permalink

コメントを投稿

(このweblogでコメントしたことがないときは、表示される前にオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)

Back « ライフハックス鮮やかな仕事術 | Top | CMSを物色 MODxとSymphony »