HOME > Weblog > MovableType

MovableType

MovableType カスタマイズメモ

当サイトに使用しているプラグインについて、覚え書き。

MTIncludePlus.pl
MTIncludeタグを拡張。<MTIncludeModule> <img src="<$MTBlogURL$>/<$MTCategoryID$>.gif" alt="<$MTCategoryLabel$>"> </MTIncludeModule>といった感じでモジュールタグを拡張。MTタグもつかえるのでカテゴリー別に読み込むファイルを振り分けできる。 が、今回は殆どphpで振り分けたので、システムテンプレートでのみ使った。
MTPaginate.pl
カテゴリ内のエントリ数を指定して、ページを分割させる。MovableTypeをCMSとして使いたい時にはとても重宝。
BigPAPI
MT自体のソースをいじらずに、テンプレートなどのカスタマイズを行えるようにする為のAPI。ちなみに後述のRightFieldsを使うのにも必要。 ※MovableType3.3以降は非対応。 関連情報
RightFields
エントリー画面を強力にカスタマイズできる。入力欄の追加はもちろん、セレクトメニューやラジオボタンも追加できて、それぞれに設定した独自MTタグをつかって呼び出せる。 エントリーを削除した際に、カスタマイズした入力欄が初期化されてしまう、という場合はDBと連携させて運用する事で回避できます(原因は何だっけ・・・)。
アーク・ウェブ 八木さんのエントリーで詳細な使い方が説明されています。
シェアウェア。
※MovableType 3.3用に使用する場合:MT3.3の新機能Transformerにより、BigPAPIは動作しなくなりました。RightFieldsの最新版はTransformerに対応しているのでBigPAPIは削除、もしくは機能を停止しないとエラーになります。
Webiki
キーワードにWikiNameを記載する事で関連するエントリー同士を自動的にリンクさせる事ができる。
MultiBlog
複数のブログを連携させる。 既にMTのCMS化プラグインの大本命?。 MTEntryコンテナタグの代わりにMTMultiblogEntryコンテナタグを使う。さらにinclude_blog属性でブログIDを指定する。 <MTMultiBlogEntries include_blogs="3">
<h3><$MTEntryTitle$></h3>
<$MTEntryBody$>
</MTMultiBlogEntries>
ちなみに、複数指定の場合はカンマで区切ればOK。
属性をexclude_blogs="3" などとすれば、指定ブログ以外のエントリーを全て持ってこれる。

Last update:06-07-27 | Comment(0) | Track back(0) | Permalink